Entries

これを逃すとあと100年!?金星の太陽面通過

 今年の天体現象ラッシュ第三弾、金星の太陽面通過が6月6日(水)に起こりました。先日の金環日食などと比べると、いまいち見た目のインパクトに欠ける現象ではありますが、実はこれがとても珍しい現象なのです。今回を逃すと、次は何と105年後の2117年!また、金星の見た目の大きさは大変小さく、日食グラスごしの肉眼では、太陽の表面にホクロのようなものがある?かも??というぐらいにしかわかりません。そのため銀河の里では、太陽フィルターを付けた大型望遠鏡でご覧いただけるよう、観察会の準備を整えました。

 部分月食の時とは打って変わって、朝からスッキリとした青空!・・・だったのですが、太陽面通過の始まりとともに雲が増えてきて、怪しげな雲行きに。それでも何とか、時折の晴れ間から金星が太陽面を動いていく経過を観察することができました。

 朝早く、登校前におうちの方と来てくれた小学生の男の子、太平洋側の天気が悪そうだという予報に合わせて、遠く静岡から来てくださったお客様など、平日の日中にも関わらずたいへん多くの方に来ていただけました。

 加えて、取材の多さにもビックリ!地元のテレビ、新聞社はもちろん、テレビ東京の全国ネットまでおいでになりました。

 どなた様も本当にありがとうございました!

太陽面通過の様子(20120606金星の太陽面通過)   天体ドームの様子(20120606金星の太陽面通過)

関連記事

Appendix

お知らせ

 「銀河の里ニュース」の記事の一部は、金沢市公式facebookにも投稿しています。コメント・ご意見等をいただける場合はそちらでお受けするほか、銀河の里キゴ山ホームページからもご意見・メールをいただけます。お手数とは存じますが、何卒ご了承ください。