Entries

第2回キゴ山宇宙塾詳報

 銀河の里キゴ山では、中高生が合宿をしながら、第一線で活躍されている研究者や技術者の方たちのお話を聞いたり、ものづくりをしたりして、宇宙に関する最新の知識や技術について学ぶ「キゴ山宇宙塾」を年間3回の課程で開講しています。その第2回を、8/1(金)から2泊3日の日程で行いました。

 初日はまず、国立天文台の南米チリ観測所でアルマ望遠鏡の広報等を担当しておられる平松正顕先生から、アルマ望遠鏡を始め、世界各地あるいは宇宙空間の望遠鏡の技術や成果などの具体的なお話、国立天文台の天文シミュレーションシステム『Mitaka』(フリーソフト)の実演、この時期の星空の見どころなどについてお話をいただきました。

平松先生の講演(20140801第2回宇宙塾)


 塾生からは、Mitakaの演示で宇宙に広がりを感じられてよかった、Mitakaを自分の家でも使ってみようとか、アルマ望遠鏡の具体的な技術や性能について貴重な話を聴けてよかった、以前から個人的にアルマに興味があったので感激した、アルマ望遠鏡があるチリ・アタカマ砂漠の星空を見てみたいなどの感想が聞かれました。

 講演の後、夜にかけては、施設にある本物のプラネタリウムやMitakaを自分たちで操作しながら星空解説の練習をしたり、屋上デッキに天体望遠鏡を設置・観望したりといった、宇宙塾生ならではの体験活動を行いました。毎回こういう時間をとても楽しみにしてくれている塾生もいて、予定の時間が終わってからも誘い合って自主的に活動する様子が見られ、頼もしく思いました。

プラネタリウム操作体験(20140801第2回宇宙塾)  天体ドームでの観望(20140801第2回宇宙塾)

望遠鏡設置の様子(20140801第2回宇宙塾)


 翌日は、JAXA宇宙教育センターの清水幸夫先生の講演です。清水先生はJAXA宇宙科学研究所に長くお勤めで、ロケットエンジンの第一人者として、あの『はやぶさ』のイオンエンジンの開発・研究・運用にも関わられた方です。そんなすごい方が講演のみならず、それに続くモデルロケット製作・試射に至るまで塾生達と共に過ごし、色々なアドバイスをくださいました。

 清水先生のお話では、今回の『ものづくり』メインであるモデルロケットに合わせて、ペットボトルロケットやモデルロケットの工夫に関する面白いビデオや写真、イプシロンなど最近の日本のロケット技術、加えて『はやぶさ2』に関しても具体的な計画を教えていただきました。

清水先生の講演(20140802第2回宇宙塾)


 塾生の感想によると、清水先生にモデルロケットの形状をほめてもらえて嬉しかったとか、『はやぶさ2』の技術や小惑星について貴重な話を聴けてよかった、(ビデオで見た)多段式の水ロケットを作ってみたくなったなど、清水先生との時間が充実したものとなったようで、こちらとしても嬉しく思っています。

 そしていよいよ『ものづくり』活動、今回は火薬エンジンで飛行するモデルロケットの製作・試射を行いました。今回はロケットに高度計を搭載し、最高到達高度を競います。清水先生のアドバイスもあり、子どもたちはそれぞれの工夫を凝らして、真剣に作っていました。

モデルロケット製作の様子(20140802第2回宇宙塾)


 発射の様子はビデオでご覧ください。パラシュートも自作したのですが、このビデオのように上手に開かせるには形状や大きさ、ロケットへの詰め方にポイントがあり、なかなか難しいものでした。そのため、技能賞としてその点もプラスしました。



 結果、優勝したのはなんと女の子!この子は到達高度も一番、パラシュートも確実に開き、文句なしの優勝でした。清水先生からも『丁寧にバランスよく作ること』がコツであると言われていたとおり、デリケートな作業が得意な女性陣に上位が目立ったのが印象的でした。

 夜はキゴ山の山頂までバスを出し、違った環境で天体観望を・・・と思ったものの、あいにくの曇り空で、星を見ることは叶いませんでした。その代わり、折しも当夜は川北町の花火大会と金沢市内の花火大会が同時に開かれており、この両方をキゴ山から一気に見ることができたのです!カメラを忘れていったのが悔やまれました・・・。

 そして最終日、予定には無かったものの、意外に経験のない子が多いことがわかったため、少し時間をとってペットボトル水ロケットの発射体験を行いました。暑い日だったので、しぶきの飛ぶ水ロケットは気持ちよく、楽しい活動になりました。

水ロケット発射の様子(20140803第2回宇宙塾)


 第3回は、10/18(土)~19(日)に予定しています。その際は同時に、次代の塾生となる小学生を対象にした『ジュニア宇宙塾』も開講され、その中では先輩である宇宙塾の塾生が、モデルロケット・水ロケットの発射やプラネタリウムでの解説などを行い、楽しい活動を通じてこれまでの体験を伝えます。『ジュニア宇宙塾』の参加方法など詳しいことは、近くなりましたら銀河の里キゴ山ホームページに掲載しますので、どうぞお楽しみに!

関連記事

Appendix

お知らせ

 「銀河の里ニュース」の記事の一部は、金沢市公式facebookにも投稿しています。コメント・ご意見等をいただける場合はそちらでお受けするほか、銀河の里キゴ山ホームページからもご意見・メールをいただけます。お手数とは存じますが、何卒ご了承ください。