Entries

サイディング・スプリング彗星(C/2013A1)が火星に大接近!!

 銀河の里キゴ山では、10月19日(日)に火星に大接近するサイディング・スプリング彗星を観察することができました。

【特徴】
 ・みかけの接近ではなく、実際に大接近した。
 ・火星の表面からの距離がなんと14万km!!地球と月が最も近づく時で35万km強なので、すごく近づきました。
 ・火星に衝突するのではないかと心配の声も上がっていました。

【観察】
 夕方南西の空低く火星が明るく輝いています(0.9等)。その近くに(間隔0.4度)、10等と暗い彗星があるはず・・・肉眼、双眼鏡や天体望遠鏡での眼視では見えず。計算上の位置で火星も視野に入れてカメラで撮影したところ・・・写っていました!!

【観察者の感想】
 今年の彗星観察は3個目になりました。欧州宇宙機関 (ESA) の彗星探査機ロゼッタの着陸機フィラエが、2014年11月12日にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸し史上初の「彗星に着陸した探査機」となりました。すごい時代になりました。(館長)

火星に大接近するサイディング・スプリング彗星(20141020サイディング・スプリング彗星)

関連記事

Appendix

お知らせ

 「銀河の里ニュース」の記事の一部は、金沢市公式facebookにも投稿しています。コメント・ご意見等をいただける場合はそちらでお受けするほか、銀河の里キゴ山ホームページからもご意見・メールをいただけます。お手数とは存じますが、何卒ご了承ください。