Entries

華やかで美しい冬の星空!オリオン座の絶景!!

 キゴ山天体観察センターでは、12月27日(土)の晴れ間に冬の星座を観察出来ました。

【特徴】
 ・北陸の冬、なかなか晴れない夜空。
 ・冬の天の川や冬の大三角、そして冬のダイヤモンドが美しい。
 ・その中に、二つの一等星とM42オリオン大星雲が輝きます。

【観察】
 この時期、宵の東の空にオリオン座が昇ってきます。空が暗くなるにつれて高度を上げ、輝きが増してきます。鼓の形に見えたり、チョウが羽を広げたようにも見えるオリオン座が美しい。その後、ぐんぐん高度を上げながら、南の空に動いていきます。周りには、ふたご座のカストルとポルックス、おうし座のアルデバランやプレアデス星団(すばる)やぎょしゃ座のカペラ、追うように昇ってくる全天で一番明るいおおいぬ座のシリウス、天の川が美しく輝いています。いろいろな星座や星を12時近くまで観察していました。

【観察者の感想】
 冬の観察は、寒い!毛糸の帽子、マフラー、羽毛服、手袋、スキーパンツ、毛糸の靴下の出で立ちで、体中に簡易カイロ貼って観察します。寒いのですが、晴れていると観察が忙しく、ふと寒さを忘れます。(館長)

キゴ山から見えるオリオン座(20141227オリオン座)

関連記事

Appendix

お知らせ

 「銀河の里ニュース」の記事の一部は、金沢市公式facebookにも投稿しています。コメント・ご意見等をいただける場合はそちらでお受けするほか、銀河の里キゴ山ホームページからもご意見・メールをいただけます。お手数とは存じますが、何卒ご了承ください。