Entries

肉眼でも見える!!ラブジョイ彗星 明るさは4等に増光か!?

 1月13日(火)キゴ山天体観察センターでは、7日に地球に最接近したラブジョイ彗星(C/2014Q2)を観察出来ました。

【特徴】
 ・2014年8月17日に、オーストラリアのラブジョイさんが発見した新彗星。
 ・地球まで0.47AUに接近し、予想以上に増光しています。
 ・双眼鏡で見え、暗い場所なら肉眼でも見えます。
 ・撮影すると彗星から出る尾も写ります。

【観察】
 この日のラブジョイ彗星の位置は、おうし座の左足の辺りです。双眼鏡で探すと・・・あっ!見えました。デカく明るい姿にびっくり。肉眼では、と直視すると見えないのですが、視点を少しずらすと・・・見えました。プレアデス星団(すばる)の近くを通過している様子が、しっかり観察出来ました。その後、20cm屈折望遠鏡で彗星の核を観察・撮影しました。

【観察者の感想】
 北陸の冬はなかなか晴れず、予想以上の増光ぶりにやきもきしていたのですが、13日は予報通り20時頃から晴れ上がってきました。ラブジョイ彗星や冬のダイヤモンドの美しさに、天体ドームの除雪の苦労も報われました。(館長)

ラブジョイ彗星の観察写真(20150113ラブジョイ彗星)
1/23現在、ペルセウス座とアンドロメダ座の間をめがけて北上中!双眼鏡で大きく見えています。

関連記事

Appendix

お知らせ

 「銀河の里ニュース」の記事の一部は、金沢市公式facebookにも投稿しています。コメント・ご意見等をいただける場合はそちらでお受けするほか、銀河の里キゴ山ホームページからもご意見・メールをいただけます。お手数とは存じますが、何卒ご了承ください。