Entries

獅子が木星を追いかける~夜空もすでに春の気配!

 この時期、2月、3月と少ない晴れ間に夜空を観察していると、冬の星座達が西に傾き、東から春の星座が勢いよくぐんぐん昇ってきます。

【特徴】
 ・東の空から、かに座、しし座、おおぐま座、かみのけ座が昇ってきています。
 ・かに座としし座の間に木星が-2.4等で明るく輝いています。
 ・南西の空には、冬の星座が西に傾いています。
 ・木星の縞模様もくっきり見えます。

【観察】
 この日は夜空が澄んでおり、普段は肉眼では観察しづらいかに座のプレセベ星団や、かみのけ座のメロッテ111の星の集まりもよく見えました。双眼鏡で見ると、もっとくっきり、よりたくさんの星々が見えとても美しい。そして、しし座の顔先に輝く木星があり、まるで獅子が木星を追いかけているように見えるのがおもしろい。

【観察者の感想】
 冬の天体観察は大変ですが、この時期、春の星座達が東の空からぐんぐん昇ってくる様子に、春を強く感じます。夜の12時頃には、夜空は春でいっぱいです。(館長)

木星を追うしし座(20150318冬から春の星空)

プレアデス星団(20150318冬から春の星空)

関連記事

Appendix

お知らせ

 「銀河の里ニュース」の記事の一部は、金沢市公式facebookにも投稿しています。コメント・ご意見等をいただける場合はそちらでお受けするほか、銀河の里キゴ山ホームページからもご意見・メールをいただけます。お手数とは存じますが、何卒ご了承ください。