Entries

皆既月食が見られた!!観察会の参加者も感激!!

 4月4日(土)皆既月食の観察会を開催しました。天候が危ぶまれましたが、雲の切れ間より、部分月食から皆既食終了まで見ることができました。

【特徴】
 ・昨年の10月8日の皆既月食に次ぐ皆既月食
 ・皆既月食の時間が12分と短い
 ・時間が短いのは、地球の影の縁ぎりぎりを通過したことによる
 ・次回の皆既月食は2018年1月31日

【観察】
 雲が多くて心配される中、東の山の端が月の明かりで明るくなるころから、雲が切れ始め満月が見え隠れし始めました。
 皆既月食が始まる19:15頃からは、通過する雲の切れ間から欠けていく月が見え、徐々に皆既食に向かう様子が観察できました。段々と欠けている影の部分の色が赤銅色になっていく様子も観察できました。20:54からの皆既食中は薄い雲がかかってきましたが、21:06の皆既月食終了まで、暗く赤黒くなった月を楽しむことができました。
 皆既食が終了するころから、西から大きな雲が広がり、皆既食終了後の部分食は観察できませんでした。その後、雨まで降り出しました。

【観察者の感想】
 「金沢星の会」の協力で皆既月食観察会が盛会のうちに終了できました。食が進むごとに、雲の切れ間に見える月に、月の色の変化に、100名近くの参加者の歓声が続きました。観察会が開催できて良かった!皆既食の時間が短くて、かえって集中できたように思いました。(館長)

月食の経過(20150404皆既月食観望会)
(250mm望遠レンズで撮影)

関連記事

Appendix

お知らせ

 「銀河の里ニュース」の記事の一部は、金沢市公式facebookにも投稿しています。コメント・ご意見等をいただける場合はそちらでお受けするほか、銀河の里キゴ山ホームページからもご意見・メールをいただけます。お手数とは存じますが、何卒ご了承ください。